香典返しや結婚に役立つ知識を知る〜ササッと決める贈り物〜

プレゼントを持つ人

縁起の良い物を選ぶ

リボン

香典返しをする際はなるべく縁起の良い物で返したいと感じている方が多いでしょう。形に残らない物を香典返しにする事によって縁起が良いと考えられているので、参考にしてみると良いでしょう。食べ物や飲み物であれば形に残りません。

気持ちが大切

贈り物

人気があるもの

結婚式は決める事がたくさんありますが、ゲストに直接渡る引き出物を決める時は新郎新婦は特に悩むと思います。引き出物は招待されたゲストからのお祝いに対するお礼の品です。ひと昔前は、記念に残るものをみんなに一律で同じものをお礼の品として渡していたようですが、現在はとても多種多様なものが結婚式の引き出物となっています。特に好まれているのがカタログギフトで多くの新郎新婦が選んでいるようです。ゲストは様々な年齢の方が呼ばれます。趣味も好みもみんな違います。またご祝儀も同じ金額というわけではないので、それぞれにあったカタログを渡す事が出来るメリットがあります。カタログなとで外側から大きさなどの違いがないので会場での不公平な感じが出ないのが良いところです。しかし、中にはまたカタログギフトなのかと思う方もいるという点を忘れないのようにしなければいけません。

気遣う気持ちが大切

結婚式の引き出物は、カタログギフトだけではありません。カタログギフトはゲストの好みのものを選ぶ事が出来るのでいいですが、新郎新婦が選んだものが良かったという声があります。おすすめなのは、重くないもので後々形として残らないものです。多くのゲストは公共機関を使い式場から帰るので重たいものは迷惑な品になってしまいます。また名前入りなど後々形として残るものは処分に困るのでこちはも迷惑な品になってしまいます。この様な点を踏まえて、年代等を考慮して新郎新婦が選んでくれたものならばゲストの方は喜んでくれるはずです。結婚式は新郎新婦にとっての晴れの舞台です。ゲストの方はお祝いに来てくれていて、あら探しをしているわけではありません。あまりにどの過ぎた物を引き出物にしなければ、ゲストの方は喜んで自宅に持って帰ってくれます。

色々なシーンで活用

贈り物というのは様々なシーンで利用されており、結婚式の時だけではなく葬式なども利用されます。葬儀の際に香典を受け取るのですがその場合は香典返しをしなくてはなりません。香典返しも何を渡して良いのか迷うことがありますがカタログギフトを選択することが出来るのでカタログギフトを活用してみるのも良いと考えられます。

カタログギフトを選ぶ

ギフト

香典返しを1つ1つ違う物にしてしまうと非常に時間がかかってしまいますし、自分が大変な思いをしてしまう事になります。カタログギフトを選ぶ事によって相手に失礼を与えずに選んでもらう事ができるので候補に入れておきましょう。

新婚家庭に最適のギフト

フラワー

趣味や好みなどをあまり知らない人に対して結婚祝いを贈る場合、品物の選択に迷いがちです。そんなときには食器を選ぶのが賢明です。日常生活における必需品である上にどの家庭でもまとまった数が必要ですから、他の贈り主とかちあっても迷惑がられることはなく、むしろ歓迎されます。